30代は基礎化粧品でコットンマスクも!

MENU

時間のある日はコットンマスクでアンチエイジング化粧品を贅沢に!

30代からのお肌で、特に気になり始める肌悩みの1つが、「乾燥」です。お肌の様々な成分が減り始める30代からは、きちんと保湿ケアしてあげないと、とても乾燥しやすくなってしまいます。そこで、そんな乾燥に徹底対抗するためにも、コットンマスクによるスペシャルケアを行ってみましょう。

 

時間のある日はコットンマスクで基礎化粧品を贅沢に!

コットンマスクでじっくり浸透!

30代からのお肌は乾燥しやすいだけでなく、ターンオーバーも低下しやすくなり、角質が厚くなることで化粧水などのアイテムが浸透しにくくなってしまいます。そんなお肌にも、しっかり内側まで潤いを届けるために役立ってくれる方法の1つが、コットンマスクです。

  • 乗せている間にお肌にじんわり浸透
  • 塗るだけよりもグンと奥深くに届く

そんなメリットがあるコットンマスクで、乾燥が悪化しやすいお肌にも、「これでもか!」というくらいの潤いを与えてしまいましょう。

コットンマスクの方法

コットンマスクによるスペシャルケアの方法は、意外と簡単です。まず用意するのは、大判のコットンです。ここに化粧水をたっぷりと含ませて、お肌に乗せていきます。より便利なマスクシートなども販売されていますので、これを使ってみても良いですね。

 

コットンからの化粧水の蒸発を防ぐために、さらに上からラップをしておくと効果的ですね。あとは5分ほど置いてからコットンを取り、美容液や乳液、クリームなど、いつものケアで整えるだけです。

 

注意点としては、

  • コットンに潤いが戻るので5分以上乗せない
  • 化粧水はケチケチせずたっぷり含ませる

といった点です。

 

ちょっと贅沢なケアですので、毎日行うのは厳しいという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、例えば仕事がお休みの週末にスペシャルケアとして行ってみるのもおすすめです。

お風呂でのコットンマスクがおすすめ!

特におすすめのコットンマスクの方法が、「お風呂で使う」というものです。お風呂で湯船に浸かる時間は、心も体もほぐれるリラックスタイムですよね。そんな時間に、エステ気分でコットンマスクをすると、より癒されます。

 

お風呂の中では血行が促進されますし、スチーム効果もあり、より潤いが浸透しやすくなります。また、お風呂で温まる時間を有効活用できるので、多忙な方にもおすすめの方法ですね。

 

「エステに行きたくてもお金も時間もない!」という方は、そんな自宅のお風呂場を使ったスペシャルケアで、美肌作りを楽しんでみましょう。

関連ページ

30代からはマッサージケアも取り入れよう!
30代から、特にお肌のお悩みが加速されてしまう大きな原因の1つは「ターンオーバーの低下」です。そこで、そんな年齢によるお肌の変化に対抗していくために、ぜひマッサージを取り入れてみましょう!
デコルテケアも並行して30代からのアンチエイジング
30代から年齢によるお悩みが出始めるのは、顔だけではありませんよね。特に多くの女性が悩まされるポイントになってしまうのが、「デコルテ」と言われる部分です。ここも顔と並行してケアしていくことで、より効果的にアンチエイジングをしていくことができます。