30代の夏の基礎化粧品の選びのポイントは?

MENU

夏は紫外線と乾燥に負けない強さをもたらすものを!

多くの女性が、お肌のことを特に気にする季節と言えば夏です。なぜなら、夏にはお肌の大敵である「紫外線」が非常に強くなり、また冷房の効いた部屋で過ごす機会が増えることで、お肌を極度の乾燥状態に導いてしまう恐れがあるためです。

 

この紫外線・乾燥という問題をどれだけケアできるかによって、将来のお肌の状態も大きく左右されますので、夏のアンチエイジング化粧品は選び方も使い方も、とても大きな意味を持っていると言えますね。

 

夏は紫外線と乾燥に負けない強さをもたらすものを!

夏のお肌のお悩み

夏のお肌のお悩みは尽きませんね。

  • 紫外線…あらゆるエイジング肌悩みの元凶
  • 乾燥…お肌の機能を衰えさせてしまう
  • 汗…清潔にしておかないとお肌に刺激になる

さらに紫外線をケアするために、毎日、強力なUVクリームを用いたり、これが汗で流れてしまうため、何度も塗り直したり…知らず知らずのうちに、夏のお肌に与えてしまっている負担は計り知れません。

 

また、夏はUVクリームや皮脂などで毛穴が詰まりやすいため、これを除去しようと必死で洗顔をする方もいます。強い摩擦で洗顔したり、強力な洗浄料を使用することで、お肌にどんどん負担をかけてしまっていることもあるのです。

 

このように、夏のお肌は大変過酷な環境にさらされており、何も対処しなければ、将来はシミだらけ、シワだらけのお肌になるリスクが非常に高まってしまうというわけなのですね。

夏のアンチエイジング化粧品選び

そんな夏のアンチエイジング化粧品選びも、特にお肌も曲がり角、30代になる頃には慎重にならなければなりません。そろそろ20代の頃に比べると、お肌のターンオーバーが低下してきていますので、浴びた紫外線などはできるだけ早く対処しないと、どんどん蓄積されてしまうのです。

 

そこで、30代からの夏のアンチエイジング化粧品選びのポイントとしては、

  • 保湿力
  • 浸透力
  • 美白効果

といった点にこだわることが大切です。

 

まず、お肌のターンオーバーを促進するためには、潤いが必要不可欠です。しかも夏は冷房により、想像以上にお肌が乾燥している傾向があります。そんな状態を改善していくためにも、保湿力の高いアイテムを選ぶことは大切なのです。

 

そして、夏には紫外線などの影響により、ターンオーバーが低下してお肌の角質が残りやすくなり、アンチエイジング化粧品の浸透力が低下してしまいます。そんな時こそ、浸透力の高い頼れるアンチエイジング化粧品を選ぶことが重要です。

 

さらに、この夏のダメージを将来まで持ち越さないためにも、美白効果のある成分を配合してあるアンチエイジング化粧品を選んでおくと、より効果的ですね。

夏のスキンケアのコツ

夏のスキンケアのコツは、「油断せずに徹底的に保湿ケアすること」です。夏には汗や皮脂でお肌がベタつきがちになるため、潤っているように勘違いしてしまいがちです。ですが、実際はお肌の表面はベタついていても、内側はカラカラに乾燥しているインナードライ肌である可能性が高いのです。

 

そこで、

  • コットンマスクをする
  • クリームまで丁寧に重ねる

といった工夫をしていきましょう。

 

コットンマスクをすることで、より潤いが浸透しやすくなりますし、夏場は省いてしまいがちなクリームもきちんと使用することで、お肌の潤いを維持でき、バリア機能を高めて紫外線の影響を受けにくくすることもできるのです。

関連ページ

春はデリケートな時期に合わせたものを!
春という季節は、体も心も、そしてお肌もデリケートになりがちな時期です。そんなデリケートな時期には、お肌を労わってくれる、優しさと強さを兼ね備えた基礎化粧品を使っていきましょう!
秋は季節の変わり目を優しい基礎化粧品で徹底カバー
秋になっても、近年ではまだまだ残暑が厳しく、10月頃までは強い日差しが感じられることもありますよね。そうかと思えば、突然冷え込む日が出て来たりもします。そんな季節の変わり目である秋という季節は、体調を崩しやすいのと同時に、お肌も不調に陥りやすい季節ですので、十分に配慮したスキンケアが必要です。
冬の厳しい乾燥にも徹底的に対抗しよう!
紫外線もかなり弱まり、一見、スキンケアが楽になりそうな印象のある冬。ですが、この季節は特に「乾燥」という問題が出てきてしまいます。冬の厳しい乾燥に負けないためには、正しいスキンケアを毎日、コツコツと行っていくことが大切です。