30代の秋の基礎化粧品選びのポイントは?

MENU

秋は季節の変わり目を優しいアンチエイジング化粧品で徹底カバー

秋になっても、近年ではまだまだ残暑が厳しく、10月頃までは強い日差しが感じられることもありますよね。そうかと思えば、突然冷え込む日が出て来たりもします。そんな季節の変わり目である秋という季節は、体調を崩しやすいのと同時に、お肌も不調に陥りやすい季節ですので、十分に配慮したスキンケアが必要です。

 

秋は季節の変わり目を優しい基礎化粧品で徹底カバー

秋のお肌のお悩み

秋のお肌は、夏に比べるとお悩みが少ないように感じられるかもしれません。ですが、実はこの季節には、特に夏のダメージが残りやすいため、意外とお肌が深刻な状態になっていたりするのです。

  • くすみ
  • 肌荒れ
  • 乾燥
  • シミ

こういった肌悩みが一気に出てきやすいのが、秋という季節です。その原因として考えられるのは、夏からの肌疲れと、油断してしまった紫外線ケア、そして秋になって一気に乾燥し始める気候ですね。

 

夏のダメージがまだまだ残っているお肌に、秋という季節ならではの、様々な問題が容赦なくお肌を攻撃するため、お疲れ顔になり、一気に老け込んで見えてしまう方もいます。

秋のアンチエイジング化粧品選び

30代になると、特に夏の肌疲れが残りやすくなってきますので、秋という季節に最適なアンチエイジング化粧品を厳選して、しっかりケアしていきましょう。

 

特に秋のお肌に必要不可欠なのは、やはり潤いです。

  • 保湿力の高い成分を配合したもの
  • できるだけ低刺激でお肌に優しく働きかけられるもの

これらの基準に注目して、アンチエイジング化粧品を選んでいきましょう。

 

例えば夏には、美白成分配合の化粧品を使用する方も多いですが、美白成分は刺激になりやすかったり、乾燥しやすいといった特徴を持つものが多いですね。そのため、秋になると、美白化粧品から保湿に力を入れたアンチエイジング化粧品に切り替える、などの工夫をしてみるのがおすすめです。

秋のスキンケアのコツ

秋のスキンケアは、お肌を労わりながら丁寧にケアしてあげることが大切です。

  • 決してこすらないこと!
  • できるだけ同じシリーズで揃えること!
  • 1つ1つを丁寧に馴染ませること!
  • シリーズのステップは全て使用すること!

これらのコツを押さえて、じっくりケアをしていきましょう。

 

夏のお疲れ肌を労わるためには、お肌を労わりながら、内側までしっかり潤いを与えてあげることが大切です。コットンマスクをしたり、1つ1つのアイテムを重ねる度に、丁寧にハンドプレスするなどの工夫をすることで、しっかり内側に潤いを届けてあげましょう。

 

こうして潤いで満たされれば、お肌のターンオーバーが促進され、くすみなどの肌悩みが改善されていきます。

関連ページ

春はデリケートな時期に合わせたものを!
春という季節は、体も心も、そしてお肌もデリケートになりがちな時期です。そんなデリケートな時期には、お肌を労わってくれる、優しさと強さを兼ね備えた基礎化粧品を使っていきましょう!
夏は紫外線と乾燥に負けない強さをもたらすものを!
夏にはお肌の大敵である「紫外線」が非常に強くなり、また冷房の効いた部屋で過ごす機会が増えることで、お肌を極度の乾燥状態に導いてしまう恐れがああります。この問題をどれだけケアできるかによって、将来のお肌の状態も大きく左右されますので、夏の基礎化粧品は選び方も使い方も、とても大きな意味を持っていると言えますね。
冬の厳しい乾燥にも徹底的に対抗しよう!
紫外線もかなり弱まり、一見、スキンケアが楽になりそうな印象のある冬。ですが、この季節は特に「乾燥」という問題が出てきてしまいます。冬の厳しい乾燥に負けないためには、正しいスキンケアを毎日、コツコツと行っていくことが大切です。