30代からの基礎化粧品は正しい順番で使おう!

MENU

アンチエイジング化粧品は使用する順番を間違えてはダメ!

アンチエイジング化粧品を使用する際に、特に重要なポイントの1つと言えるのが、使用する順番です。「どうせ全部お肌に乗せるのだから、何から使っても同じ」ということではありません。きちんと順番を守らないと、お肌に嬉しい成分を、しっかり届けることができないのです。

 

基礎化粧品は使用する順番を間違えてはダメ!

水分→油分の順番の徹底を!

特にアンチエイジング化粧品の使い方の順番で重要なのは、水分→油分という順番を徹底することです。

  • 水分…化粧水や美容液
  • 油分…乳液やクリーム

メーカーにより成分の内容には多少の違いがありますが、基本的には、このような感覚で考えてください。つまり化粧水や美容液を用いた後で、乳液やクリームを使用するという順番になります。

 

油分には、水分を弾く働きがありますよね。これを最初に使用してしまうと、その後に化粧水や美容液を使用しても、お肌の表面で弾かれてしまい、内側に浸透しにくくなってしまうのです。これではせっかくのアンチエイジング化粧品がムダになってしまいますので、しっかり順番を守りましょう。

ブースタータイプは最初に!

基本的なアンチエイジング化粧品の順番というのは、化粧水→美容液→乳液→クリームとなっています。ですが、場合によっては、美容液が最初に来るタイプもあります。

 

これはブースターと言われるタイプの美容液で、ステップの最初に使用することで、化粧水などその後のアイテムの浸透を良くしてくれる効果が期待できます。美容液を使う場合には、化粧水の前なのか後なのか、使い方をよく確認してから使用することが大切ですね。

 

それぞれのアイテムが持つ特性を、最大限に活かせる使用順をしっかり守りましょう。

自己流の使い方は控えて!

30代からのアンチエイジング化粧品の使い方では、できるだけ自己流の使い方は控えましょう。「私はクリームだけでOKだから」など、自己流に使用方法をアレンジしてしまう方もいますが、これでは十分な効果が得られにくくなってしまいます。

 

アンチエイジング化粧品の各メーカーでは、正しい使用順で正しく使った場合に最も効果が期待できるように、研究が重ねられています。それを自己流に勝手にアレンジしてしまうのでは、もったいないですね。プロが丁寧に研究した結果、導きだされた「最も効果的な使用方法」をしっかり守ることが、結局は効率の良いアンチエイジングに繋がるのです。

関連ページ

30代からは使用量もしっかり意識すること!
30代からの基礎化粧品で、優秀な成分がたっぷり配合されているものはたくさん登場してきています。ですが、いくら優秀な成分でできた基礎化粧品でも、使う量が適切でなければ、十分な効果を発揮することができません。そこで、30代からのスキンケアでは、特に使用量は毎回、しっかり意識していきましょう。
よく馴染ませながら使うこと!
30代からの基礎化粧品の使い方では、「ただ塗れば良い」という方法は通用しなくなってきます。できるだけしっかり実感できるように、またできるだけ快適な使用感を実現するために、基礎化粧品をきちんと馴染ませながら使用していくことが大きなポイントです。忙しい方でも、ちょっとひと手間かけて、丁寧に1つ1つのアイテムを馴染ませていきましょう。