30代からの基礎化粧品はよくなじませて!

MENU

よく馴染ませながら使うこと!

30代からのアンチエイジング化粧品の使い方では、「ただ塗れば良い」という方法は通用しなくなってきます。できるだけしっかり実感できるように、またできるだけ快適な使用感を実現するために、アンチエイジング化粧品をきちんと馴染ませながら使用していくことが大きなポイントです。忙しい方でも、ちょっとひと手間かけて、丁寧に1つ1つのアイテムを馴染ませていきましょう。

 

よく馴染ませながら使うこと!

30代からは簡単には浸透しない!

10代や20代の頃のお肌なら、塗るだけでも、ある程度浸透していく感覚が実感できたかもしれません。ですが、30代になってくると、なかなかそうはいかなくなります。

 ターンオーバーの低下→厚い角質に浸透を阻まれる

このような状態が起こりやすくなるため、ただ塗布するだけの使い方では、お肌の表面でせっかくのアンチエイジング化粧品の成分が留まってしまうのです。これでは、ベタベタとするばかりで、お肌の内側にしっかり成分を届けることができなくなってしまいますね。使用感が悪いだけでなく、アンチエイジング化粧品の効果まで半減してしまうので要注意です。

丁寧に「入れ込む」こと!

そこで、そんな30代のお肌に効果的なアンチエイジング化粧品の使い方は、1つ1つのアイテムを丁寧に入れ込んでいくことです。

  • コットンで丁寧にパッティング
  • 1つ1つのステップの後にハンドプレス

ただ塗るだけの方法よりも、こうして「ちょっとひと手間」をかけてあげた方が、アンチエイジング化粧品が馴染みやすくなります。特にハンドプレスは、手の平の温度でアンチエイジング化粧品が馴染みやすくなるのでおすすめの方法です。ハンドプレスで毎日、お肌に丁寧に触れることで、肌状態を確認できるというメリットもありますので、ぜひ取り入れてみてください。

次々に重ねてはダメ!

30代からのアンチエイジング化粧品は、あれこれとステップが多くなってしまう方もいます。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

こういったアイテムを使用する方も多いですね。アイテムが多いため、できるだけ手早くケアしたいからと、次々に重ねてしまう方もいるかもしれません。ですが、次々に重ねる方法では、せっかくのアンチエイジング化粧品の効果を存分に活かすことができないのです。

 

特に化粧水と乳液やクリームは、水と油ですから、馴染みにくい関係にあります。これらをどんどん重ねてしまえば、お肌の表面でベタつくばかりで、内側に浸透してくれなくなってしまうのです。

 

1つ1つのアイテムを使ったら、一呼吸置いてから重ねていくこと。これを徹底するだけでも、毎日のスキンケアが変わります。

関連ページ

30代からは使用量もしっかり意識すること!
30代からの基礎化粧品で、優秀な成分がたっぷり配合されているものはたくさん登場してきています。ですが、いくら優秀な成分でできた基礎化粧品でも、使う量が適切でなければ、十分な効果を発揮することができません。そこで、30代からのスキンケアでは、特に使用量は毎回、しっかり意識していきましょう。
基礎化粧品は使用する順番を間違えてはダメ!
基礎化粧品を使用する際に、特に重要なポイントの1つと言えるのが、使用する順番です。「どうせ全部お肌に乗せるのだから、何から使っても同じ」ということではありません。きちんと順番を守らないと、お肌に嬉しい成分を、しっかり届けることができないのです。