30代からの基礎化粧品使いは使用量を意識!

MENU

30代からは使用量もしっかり意識すること!

30代からのアンチエイジング化粧品で、優秀な成分がたっぷり配合されているものはたくさん登場してきています。ですが、いくら優秀な成分でできたアンチエイジング化粧品でも、使う量が適切でなければ、十分な効果を発揮することができません。そこで、30代からのスキンケアでは、特に使用量は毎回、しっかり意識していきましょう。

 

30代からは使用量もしっかり意識すること!

使用量は多ければ良いというもんじゃない!

30代からのアンチエイジング化粧品の使い方でやってしまいがちな失敗の1つが、「たっぷり使い過ぎること」です。アンチエイジング化粧品はたっぷり贅沢に使った方が、お肌に効果があるように感じられてしまうという方もいます。ですが、実はたっぷり使用し過ぎても、お肌のためにはならないのです。

  • ムダな分は蒸発するだけ
  • 使い過ぎるとベタベタで使用感が悪くなる
  • もったいない

いくらたっぷりのアンチエイジング化粧品を浸透させようとしても、残念ながらお肌に浸透できる量には限界があります。浸透できずに余ってしまった分は蒸発してしまうだけなので、それなりにお金をかけて購入しているアンチエイジング化粧品がムダになってしまい、もったいないですね。しかも使用感もベタベタとしてしまうので、不快になるのも困りものです。

 

お肌に触れてみると吸いつくような感触が味わえる「ちょうど良い水分バランス」が手に入る使用量を目指してみましょう。

使用量が少なすぎるとダメージに!

30代からのアンチエイジング化粧品は、それなりにコストがかかるものも少なくありません。そのため、どうしてもケチケチして使ってしまうという方も少なくないのです。ですが、使用量が少なすぎると、これは十分な効果が得られないばかりでなく、お肌にダメージを与えてしまいかねないので注意が必要です。

  • お肌を摩擦してしまう
  • 不足した水分や油分を守ろうと皮脂の過剰分泌が起こる

こういった問題が出てくる可能性があり、結果的にお肌に対して逆効果となってしまいます。ケチケチして使ったことによって、かえってお肌にダメージを与えてしまうのでは、せっかくかけたコストも、ムダでしかありませんね。適切な量をきちんと使ってこそ、高いコスパも実感できるのです。

使用量はその日により違う!

では、30代からのアンチエイジング化粧品で正しい使用量はどの程度なのか、というのが気になるところですね。これについては、基本はメーカーが各アイテムに記載している量を参考にしてください。

 

ただし、お肌の状態というのは日によっても違っています。その日のお肌の状態を、目で見たり手で触れたりしながら確認して、使用量を調整していきましょう。

  • 乾燥が気になる→化粧水・クリームを多めに
  • ベタついている→化粧水はたっぷり・クリームは控えめに

こういった微調整を行っていくことで、使用感も快適で、お肌にもしっかり必要な成分が届けられるベストな使い方をすることが可能となるのです。

関連ページ

よく馴染ませながら使うこと!
30代からの基礎化粧品の使い方では、「ただ塗れば良い」という方法は通用しなくなってきます。できるだけしっかり実感できるように、またできるだけ快適な使用感を実現するために、基礎化粧品をきちんと馴染ませながら使用していくことが大きなポイントです。忙しい方でも、ちょっとひと手間かけて、丁寧に1つ1つのアイテムを馴染ませていきましょう。
基礎化粧品は使用する順番を間違えてはダメ!
基礎化粧品を使用する際に、特に重要なポイントの1つと言えるのが、使用する順番です。「どうせ全部お肌に乗せるのだから、何から使っても同じ」ということではありません。きちんと順番を守らないと、お肌に嬉しい成分を、しっかり届けることができないのです。