30代の基礎化粧品。美容液は必要?

MENU

30代のお肌には美容液もしっかり活用して!

20代の頃なら、化粧水と乳液だけのシンプルケアでも十分に美肌を保てたという方も多いでしょう。ですが、30代になると、そうはいかなくなってきます。不足してくる成分をしっかり補い、若い頃と同じように美肌を維持するためには美容液も重要なアイテムとなるのです。

 

30代のお肌には美容液もしっかり活用して!

美容液でより高濃度な成分補給

化粧水には潤い成分や美容成分が配合されていますが、これをより、高濃度にしたものが美容液です。お肌にたっぷりの潤いや栄養を与えることができるため、頑固なお悩みに対しても、効果的に働きかけることができます。

 

美容液は、

  • 高級過ぎる
  • 高濃度でベタベタする
  • もっと年齢を重ねた時に使用するもの
  • 刺激が強そう
  • 使うのが面倒

といった、良くない印象を持っている方も少なくありません。

 

ですが、実際に使用してみると、使っていなかった時とのお肌の違いが実感しやすいアイテムなので、手放せなくなる可能性大です。ぜひ、優秀な美容液によるケアを取り入れてみましょう。

美容液は基本的には化粧水後!

美容液の使い方で気を付けたいのは、順番です。基本的に、美容液の出番は「化粧水の後」となっています。まずは化粧水で肌状態を整えた後、高濃度の美容液で働きかけていく、ということになりますね。

 

ただし、中には注意が必要な美容液もあります。それは導入タイプの美容液と言われるもので、化粧水の前に使用することで、化粧水の浸透力を高める効果を発揮してくれます。そういった美容液の場合は、洗顔後、すぐのお肌に使用していきましょう。

 

使い方については、それぞれの美容液の説明書きをよく確認しておくことが大切です。

美容液の使い方のコツ

美容液の使い方には、コツがあります。

  • 使用量は多くなり過ぎないように!
  • 気になる部分は特に丁寧に!

この2点に注意して使用するだけでも、使用感や効果が違ってきます。

 

まず使用量についてですが、高濃度で美容成分が含まれるため、大量に使うと重たい使用感になったり、ベタついて不快に感じられます。各美容液に記載されている適量を守って使いましょう。

 

それから、目元や口元など、特に肌悩みが起こりやすい部分には重ねづけをしていきます。1度に大量に塗布するよりも、いったん馴染ませてから重ねる方法の方が効率的です。

 

シワがある場合は、シワを伸ばすようにしながら優しく塗り込むと、よりお悩みが改善されやすくなります。ちょっとひと手間かけた丁寧なケアが大切ですね。

関連ページ

30代の基礎化粧品でまず大切なのは落とすケア
30代からの基礎化粧品と言えば、美容成分をいかに「与えるか」という点にこだわってしまいがちです。ですが、その前に1つ、忘れてはならないポイントがあるのです。それが、クレンジングや洗顔といった落とすケアですね。
化粧水はケチケチせずにとにかくたっぷり補給しよう!
お肌に潤いを補給するために重要なアイテム、化粧水。これはケチケチ少しずつ使用するのではなく、思い切ってたっぷりと使っていくことが大切です。お肌の内側まで浸透するよう、丁寧に使っていきましょう。
乳液やクリームはコスメの仕上げに必須のアイテム
基礎化粧品のアイテムの中で、どうしても好き嫌いが分かれてしまいやすいものと言えば、乳液やクリームが挙げられます。これらは油分を含むアイテムですので、脂性肌の方などは「ベタベタするから使わない」ということも少なくありません。ですが、実はこの2つのアイテムは仕上げに必須のものであり、使い方さえ工夫すれば快適に使用できるものでもあるのです。