基礎化粧品は30代で気になり始めるシワも解消できる?

MENU

30代でそろそろ気になり始めるのが部分的なシワ

イマドキの30代は「まだまだ若い」という印象がありますが、そんな若いはずの30代が、一気に老けて見えてしまう原因になる肌悩みがあります。それが「シワ」です。

 

30代でシワなんて、まだ早いと思われるかもしれませんが、ほうれい線や目元など、部分的にシワができてしまうことは少なくないのです。この時点でしっかりケアをしておかないと、将来、取り返しのつかない事態になるかもしれません。

 

30代でそろそろ気になり始めるのが部分的なシワ

シワの原因は主に2つ!

お肌のシワが発生する原因として考えられることは、主に2つです。

  • 紫外線・・・真皮にあるコラーゲンなどにダメージを与えて深いシワを刻む
  • 乾燥・・・小ジワや表情ジワの原因になる

つまり、これら2つの原因に対策していくことで、30代から発生し始めるシワのお悩みを食い止めることができるのです。原因を理解していれば、対策も立てやすくなりますね。

紫外線を徹底ケア!

まず重要なのは、紫外線による影響を徹底的にケアしていくことです。紫外線が影響するのは、お肌の奥深くの真皮層と言われる部分になります。この部分までは、残念ながらアンチエイジング化粧品の成分を届けるのは難しく、いくらコラーゲン配合のアンチエイジング化粧品を使っても、真皮層のダメージを改善することができません。

 

しかも真皮層はターンオーバーされないため、ここに受けたダメージはずっと残ってしまうのです。つまり、紫外線により刻まれた深いシワは、自力で改善するのは非常に困難ということですね。

 

そこで、そんな紫外線によるシワを残さないために重要なのが、徹底した紫外線対策です。

  • 日焼け止めは年中使用する
  • ちょっとの外出でも油断しない
  • 紫外線の強い時間帯は外に出ない

こういった工夫をしていくことで、肌老化を防ぐことができます。将来のシワを減らすためにも、今すぐにでも紫外線対策の徹底をしていきましょう。

乾燥対策でシワを無くそう!

30代になって特に起こりやすいのが、「乾燥」が原因のシワですね。

 

お肌が乾燥すると、

  • 柔軟性が失われて表情ジワが消えにくくなる
  • 角質層のキメが乱れることで隙間が発生する

こういったことが原因で、シワが起こりやすくなります。

 

ですが、これはお肌の表面で起こっている現象ですので、早いうちに対策していけば改善することは十分に可能です。化粧水や美容液で、特にシワが気になる部分には重点的に潤いを与え、さらにクリームで油分も補給していきましょう。

 

こうして徹底的に保湿を行うことで、お肌の柔軟性が取り戻され、シワも改善されていきます。また、クリームを使った状態のお肌に優しくマッサージをすると、より血行が促進され、ターンオーバーが改善されてシワも目立たなくなります。

関連ページ

30代になると一気に目立ち始めるシミをケア
30代になると、特に目立ち始める肌悩みの1つが「シミ」です。特に若い頃にスポーツをしたり、レジャーを満喫して紫外線をたっぷり浴びてきたという方は、30代になると後悔するような肌状態になってしまうことがあります。ですが、「1度できてしまったシミはどうしようもない」というのはもう、過去の話。最先端のスキンケアコスメで30代の早いうちからケアを始めれば、目立たなくすることは十分に可能なのです。
お肌の弾力が失われはじめたら基礎化粧品でパワーチャージ
30代の頃は、気持ちはまだまだ若くても、やっぱりお肌の状態は20代の頃のようにはいかなくなってきますよね。例えばお肌の弾力が損なわれ始めて、萎んだような肌状態になってしまうということもあります。そこで、そんな時には頼れる基礎化粧品を使い、お肌にパワーをチャージしてしまいましょう!
30代になっても悩まされる方が多いニキビも徹底ケア
ニキビは思春期だけのお悩み、なんて考えは大間違いです。20代を超えても「大人ニキビ」と言われる厄介な症状に悩まされる方は少なくありません。30代は特に、そんな大人ニキビに悩まされやすい時期でもありますので、基礎化粧品を上手に使うケアでニキビに悩まされないお肌づくりをしていきましょう。