基礎化粧品は30代で目立ち始めるシミも解決できる?

MENU

30代になると一気に目立ち始めるシミをケア

30代になると、特に目立ち始める肌悩みの1つが「シミ」です。特に若い頃にスポーツをしたり、レジャーを満喫して紫外線をたっぷり浴びてきたという方は、30代になると後悔するような肌状態になってしまうことがあります。

 

「1度できてしまったシミはどうしようもない」というのはもう、過去の話。最先端のスキンケアコスメで30代の早いうちからケアを始めれば、目立たなくすることは十分に可能なのです。

 

30代になると一気に目立ち始めるシミをケア

ターンオーバーの促進がカギ

30代からのシミをしっかりケアしていくために重要なのが、ターンオーバーの促進です。ターンオーバーというのは、お肌の生まれ変わりサイクルのことを言います。シミのある角層が新しい角層とスムーズに入れ替わるサイクルが保たれれば、できてしまったシミを目立たなくしていくことも十分に可能というわけですね。

 

そこで、そんなターンオーバーのサイクルを促進するのに重要なポイントが2つあります。

  • 水分バランスを整えること
  • お肌の表面にはびこる古い角質を除去すること

若い頃は28日周期という理想的なペースであったターンオーバーが、30代を過ぎると周期が長くなってしまいます。これを促進していくためには、潤いに満ちた健やかな状態を維持し、さらにお肌の表面に残りやすい古い角質をクレンジングや洗顔、拭き取り化粧水などでしっかり取り除いてあげることが重要なのです。

集中的な美白ケアも!

シミという肌悩みに特化したスキンケアをするのであれば、美白タイプのアンチエイジング化粧品を使ってみるのも1つのコツです。

 

ただし、美白化粧品には、

  • 刺激が強いものが多い
  • お肌が乾燥しやすい

といったデメリットもあります。

 

総合的なアンチエイジングを目指すのであれば、保湿効果の高いアンチエイジング化粧品を用いながら、シミには部分的に美白美容液を用いてみるというのも良いですね。保湿と美白を両立させるために、上手にアイテムを使い分けてみましょう。

紫外線ケアの徹底を!

30代のお肌は、今できてしまったシミをケアすることも大切ですが、それ以上に「将来できるかもしれないシミを予防する」というケアも重要です。人生100年と言われる時代ですから、まだまだ先は長いですよね。今浴びた紫外線が、40代、50代になった時に大きなシミとなって出てくる恐れもあるのです。

 

そんな事態になるのを防ぐために、日焼け止めクリームをしっかり使い、帽子やサングラスなどのUV対策用グッズも上手に活用しながら、紫外線による影響を受けない工夫をしましょう。

 

また、アンチエイジング化粧品を正しく使ってお肌の状態を整えておくことで、バリア機能を高めることもできます。バリア機能の高いお肌は紫外線による影響を受けにくくなるので、そういった意味でもしっかりとスキンケアを行っていくことが重要ですね。

関連ページ

30代でそろそろ気になり始めるのが部分的なシワ
イマドキの30代は「まだまだ若い」という印象がありますが、そんな若いはずの30代が、一気に老けて見えてしまう原因になる肌悩みがあります。それが「シワ」です。30代でシワなんて、まだ早いと思われるかもしれませんが、ほうれい線や目元など、部分的にシワができてしまうことは少なくないのです。この時点でしっかりケアをしておかないと、将来、取り返しのつかない事態になるかもしれません。
お肌の弾力が失われはじめたら基礎化粧品でパワーチャージ
30代の頃は、気持ちはまだまだ若くても、やっぱりお肌の状態は20代の頃のようにはいかなくなってきますよね。例えばお肌の弾力が損なわれ始めて、萎んだような肌状態になってしまうということもあります。そこで、そんな時には頼れる基礎化粧品を使い、お肌にパワーをチャージしてしまいましょう!
30代になっても悩まされる方が多いニキビも徹底ケア
ニキビは思春期だけのお悩み、なんて考えは大間違いです。20代を超えても「大人ニキビ」と言われる厄介な症状に悩まされる方は少なくありません。30代は特に、そんな大人ニキビに悩まされやすい時期でもありますので、基礎化粧品を上手に使うケアでニキビに悩まされないお肌づくりをしていきましょう。