基礎化粧品でお肌の弾力を取り戻すことはできる?

MENU

お肌の弾力が失われはじめたらアンチエイジング化粧品でパワーチャージ

30代の頃は、気持ちはまだまだ若くても、やっぱりお肌の状態は20代の頃のようにはいかなくなってきますよね。例えばお肌の弾力が損なわれ始めて、萎んだような肌状態になってしまうということもあります。そこで、そんな時には頼れるアンチエイジング化粧品を使い、お肌にパワーをチャージしてしまいましょう!

 

お肌の弾力が失われはじめたら基礎化粧品でパワーチャージ

お肌の弾力が低下する原因

お肌の弾力が低下するのは、年齢と共にお肌を内側から支えている成分が不足してくるのが大きな原因です。

  • コラーゲン
  • エラスチン

これらの成分はお肌の内側でハリと弾力を維持し、触れると押し返してくるような状態に保ってくれています。ですが、残念ながらこれらの成分は、年齢と共に徐々に減少していってしまいます。

 

減少し始める年齢は、なんと25歳ごろと言われています。つまり「まだまだ若い」つもりでいる30代でも、お肌の内側では徐々に弾力の低下、たるみなどの減少が起こり始めているのです。

アンチエイジング化粧品で成分を補給

お肌に元々存在しているコラーゲンやエラスチンが減少してしまうのは、年齢と共に起こる自然な現象でもあります。ですが、だからと言って諦める必要はありません。最先端のアンチエイジング化粧品の中には、コラーゲンやエラスチンをはじめ、お肌をふっくらとした状態に保ってくれるヒアルロン酸などの成分を贅沢に配合したものが多数あります。

 

これらの成分は、

  • サイズが大きすぎる
  • お肌に塗布しても浸透しない

といったデメリットがありました。

 

ですが最先端のアンチエイジング化粧品では、これらの成分をナノ化するなど、様々な技術によりお肌の内側に浸透することが可能となっています。そんな最先端技術を駆使したアンチエイジング化粧品を使い、不足してきた成分を十分に補給してあげることで、若々しい弾力に溢れるお肌を維持していきましょう。

アンチエイジング化粧品以外の努力も忘れずに!

お肌の弾力の低下は、お肌の内側の奥深くで起こる現象です。そのため、アンチエイジング化粧品のみでの対策だと効果が得られにくいこともあります。

 

そこで、そんな時には体の内側からのインナーケアで、より徹底した働きかけをしてみましょう。

  • コラーゲンを作り出すのに必要なアミノ酸をしっかり補給
  • 表情筋トレーニングで筋肉で肌を支える
  • 水分をたっぷり補給してお肌を元気にする

他にもサプリやドリンクで補給していく方法もありますが、お金がかかる方法は継続しにくいですよね。食生活や表情筋のトレーニングといったことは、そんなにコストをかけることなく実践できる方法なので、取り入れやすいでしょう。

関連ページ

30代になると一気に目立ち始めるシミをケア
30代になると、特に目立ち始める肌悩みの1つが「シミ」です。特に若い頃にスポーツをしたり、レジャーを満喫して紫外線をたっぷり浴びてきたという方は、30代になると後悔するような肌状態になってしまうことがあります。ですが、「1度できてしまったシミはどうしようもない」というのはもう、過去の話。最先端のスキンケアコスメで30代の早いうちからケアを始めれば、目立たなくすることは十分に可能なのです。
30代でそろそろ気になり始めるのが部分的なシワ
イマドキの30代は「まだまだ若い」という印象がありますが、そんな若いはずの30代が、一気に老けて見えてしまう原因になる肌悩みがあります。それが「シワ」です。30代でシワなんて、まだ早いと思われるかもしれませんが、ほうれい線や目元など、部分的にシワができてしまうことは少なくないのです。この時点でしっかりケアをしておかないと、将来、取り返しのつかない事態になるかもしれません。
30代になっても悩まされる方が多いニキビも徹底ケア
ニキビは思春期だけのお悩み、なんて考えは大間違いです。20代を超えても「大人ニキビ」と言われる厄介な症状に悩まされる方は少なくありません。30代は特に、そんな大人ニキビに悩まされやすい時期でもありますので、基礎化粧品を上手に使うケアでニキビに悩まされないお肌づくりをしていきましょう。