30代の混合肌は基礎化粧品で解決できる?

MENU

厄介な混合肌も解決することが可能!

Tゾーンはテカってしまうのに、頬や目元・口元はひどく乾燥する・・・そんな厄介な肌状態を混合肌と言います。同じ顔の上で、真逆の肌質が存在しているというのは、大変面倒ですよね。ですが、そんな混合肌もアンチエイジング化粧品の選び方と使い方で、解決することが可能なのです。

 

厄介な混合肌も解決することが可能!

混合肌のアンチエイジング化粧品選び

混合肌のアンチエイジング化粧品選びの際には、

  • 保湿力に優れていること
  • ベタベタし過ぎないこと

という2つの条件を満たしてくれるものを厳選してみましょう。

 

一見、保湿力が高くベタつかないというのは真逆の条件に思えるかもしれません。ですが、お肌に乗せるとスムーズに浸透してくれるアンチエイジング化粧品は、保湿力が高くてもベタベタすることはないのです。

 

そういったアイテムを活用し、内側が潤いで満たされれば、乾燥がケアできるだけでなく、Tゾーンの過剰な皮脂分泌を抑制することもできます。乾燥肌も脂性肌も、改善するためのキーワードは保湿。この保湿をしっかり行えば、どちらの肌状態も整い、混合肌悩みが改善される可能性が高いのです。

混合肌は洗顔にコツが!

混合肌のケアで、特に注目したいのが洗顔です。

  • 洗顔料はよく泡立てる
  • 最初にTゾーンに泡を乗せてから頬に広げていく

泡を乗せる順番をTゾーンからにするだけでも、Tゾーンの皮脂をスムーズに取り除き、乾燥する部分を過剰に洗浄してしまうのを防ぐことができます。また、きめの細かい泡を作って洗浄することで、お肌にかかるストレスが軽減でき、これも肌質改善に役立つのです。

部位に合わせたスキンケア

30代というと仕事や家事・育児で忙しい時期なので、スキンケアに時間をかけていられないという方も多いですよね。ですが、ちょっと手間ひまをかけて「部位に合わせたスキンケア」をするだけでも、混合肌という厄介な肌悩みを改善していくことが可能なのです。

  • 乾燥する部分にはコットンでマスク
  • Tゾーンはクリームは控えめにする
  • 目元や口元はクリーム・オイルなどを重ね付けする

こうして乾燥状態や皮脂の量に合わせて、使用するアイテムの量や使い方を調整するだけでも、それぞれの部位の水分バランスが整いやすくなります。

 

いくら高品質なアンチエイジング化粧品でも、肌状態を無視して塗り広げるだけでは効果はイマイチです。1日に1度は、鏡の前でお肌と向き合い、それぞれの部位に合わせたスキンケアをしてみましょう。

関連ページ

普通肌ならシンプルに健やか肌を目指せるものを!
脂っぽくもなく、乾燥しているわけでもなく、ちょうど良い状態の普通肌。これは水分バランスが維持された理想的な状態です。30代というお肌の曲がり角を迎えても、そんな普通肌を維持できている女性は大変優秀ですね!普通肌を維持できるよう、できるだけシンプルな処方で健やか肌を目指せるものを選び、活用していきましょう。
脂性肌の基礎化粧品は潤いを与えるケアこそが重要!
お肌がベタベタしてしまう、皮脂が過剰分泌されて、ニキビや毛穴のお悩みが起こりやすい・・・そういった肌状態を「脂性肌」と言いますね。この脂性肌は、一見潤いは十分に足りているような印象がありますが、実はそうではないのです。お肌の内側に潤いをしっかり与えてあげることで、普通肌に近づけることもありますので、潤い重視の基礎化粧品を選び、保湿ケアをしてみましょう。
乾燥肌なら不足する水分・栄養をたっぷり補給!
お肌の表面が粉を吹くほど乾燥してしまったり、目元や口元に乾燥小じわができてしまう・・・そんな乾燥肌の方は、年齢と共に増えてきます。30代になると、20代の頃に使用していた基礎化粧品では、乾燥が改善されないという方も出てきますね。そこで、そんな乾燥肌の方は基礎化粧品で不足する水分や栄養をたっぷり補給するスキンケアを行っていきましょう。