乾燥肌の30代におすすめの基礎化粧品は?

MENU

乾燥肌なら不足する水分・栄養をたっぷり補給!

お肌の表面が粉を吹くほど乾燥してしまったり、目元や口元に乾燥小じわができてしまう・・・そんな乾燥肌の方は、年齢と共に増えてきます。

 

30代になると、20代の頃に使用していたアンチエイジング化粧品では、乾燥が改善されないという方も出てきますね。そこで、そんな乾燥肌の方はアンチエイジング化粧品で不足する水分や栄養をたっぷり補給するスキンケアを行っていきましょう。

 

乾燥肌なら不足する水分・栄養をたっぷり補給!

乾燥肌のアンチエイジング化粧品選び

乾燥肌の方がアンチエイジング化粧品選びをする際には、

  • 確かな保湿力のある成分を配合している
  • 浸透力が高く内側に潤い補給できる
  • 年齢と共に不足するセラミドなどを配合している

といったポイントにこだわりましょう。

 

乾燥肌は肌表面が硬くなりやすく、せっかく保湿に役立つ成分を配合していても、内側まで届きにくい傾向があります。そんな成分をしっかり届けられるよう、浸透力にこだわったものを選んでおくことはとても大切です。

 

また、30代を過ぎて乾燥しやすくなってくるのは、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などのお肌の内側で潤いを維持するために大切な成分が不足してくるからです。これらをアンチエイジング化粧品でお肌に直接補給することを目的としたアイテムを選ぶと効果的ですね。

乾燥肌は洗い方で変わる!

乾燥肌に対策していくためのスキンケアと言えば、化粧水や美容液などで「とにかく与えること」を考えてしまうでしょう。ですが、実は落とすケアを少し見直しただけで、乾燥肌が改善されることもあるのです。

  • クレンジングはメイクに合わせて使い分け
  • 顔を洗うのは熱いお湯ではなくぬるま湯で

このような簡単なコツを守るだけで、お肌の潤いが奪われにくくなります。

 

例えば常にオイルクレンジングをしているという方は、ナチュラルメイクの日はミルククレンジングにするなど、洗浄力の高さを調整することで、水分が奪われるのを防げます。また、熱いお湯はお肌の表面を守る皮脂まで過剰に洗い流し、お肌を一気に乾燥させます。ぬるま湯ですすぐようにすると、このようなダメージも防げますね。

ステップを重ねてしっかりケア!

お肌が乾燥しやすい方は、ただ化粧水を簡単に塗るだけのケアでは、なかなか解消されないことがあります。ステップを1つ1つ重ねることで、潤いが届きにくい内側にまでしっかり届けることができるので、手間ひまかけたケアを実践してみましょう。

  • 化粧水前に導入タイプの美容液や化粧水を使う
  • 化粧水をコットンでパッティングした後、手の平でさらに重ねる
  • クリームは乾燥が気になる部分に重ね付けする

こうしてステップを重ねたり、それぞれのアイテムを「これでもか!」というほどしっかり重ねて使っていくことで、頑固な乾燥肌にもしっかりと潤いを届けることができます。

関連ページ

普通肌ならシンプルに健やか肌を目指せるものを!
脂っぽくもなく、乾燥しているわけでもなく、ちょうど良い状態の普通肌。これは水分バランスが維持された理想的な状態です。30代というお肌の曲がり角を迎えても、そんな普通肌を維持できている女性は大変優秀ですね!普通肌を維持できるよう、できるだけシンプルな処方で健やか肌を目指せるものを選び、活用していきましょう。
脂性肌の基礎化粧品は潤いを与えるケアこそが重要!
お肌がベタベタしてしまう、皮脂が過剰分泌されて、ニキビや毛穴のお悩みが起こりやすい・・・そういった肌状態を「脂性肌」と言いますね。この脂性肌は、一見潤いは十分に足りているような印象がありますが、実はそうではないのです。お肌の内側に潤いをしっかり与えてあげることで、普通肌に近づけることもありますので、潤い重視の基礎化粧品を選び、保湿ケアをしてみましょう。
厄介な混合肌も解決することが可能!
Tゾーンはテカってしまうのに、頬や目元・口元はひどく乾燥する・・・そんな厄介な肌状態を混合肌と言います。同じ顔の上で、真逆の肌質が存在しているというのは、大変面倒ですよね。ですが、そんな混合肌も基礎化粧品の選び方と使い方で、解決することが可能なのです。