30代からの基礎化粧品の使い方は?

MENU

アンチエイジングにも役立つアンチエイジング化粧品は使い方が面倒!

30代から使っていきたいアンチエイジングにも役立つアンチエイジング化粧品ですが、大きな欠点と言えるのが「使い方」に関する問題です。使い方が面倒だったり、難しかったりするアンチエイジング化粧品というのは、使い続けるのが嫌になってしまうことがありますよね。継続してこそ意味のあるアンチエイジング化粧品において、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

アンチエイジングにも役立つ基礎化粧品は使い方が面倒!

ステップが多い

まずアンチエイジングに役立つ30代からのアンチエイジング化粧品は、使用するステップ数が多いものがあり、これが面倒に感じられる方もいらっしゃいます。

  • ブースター用の化粧品
  • 保湿化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

こういった様々なステップがあり、全てを順番に馴染ませていくことで、スキンケアに手間ひまがかかります。30代と言えば、まだまだ子育てが大変だったり、仕事でもバリバリ活躍して忙しい年代ですよね。そんな中で、このような面倒なケアを続けていくのは、なかなか厳しいという女性も少なくないのです。

 

特にバタバタする朝のケアに、このようにステップの多いアンチエイジング化粧品を用いるのは大変ですよね。

使い方が難しい

ただお肌に塗ればおしまい、というアンチエイジング化粧品ならとても簡単ですが、30代からのアンチエイジングに役立つアンチエイジング化粧品は、使い方にもこだわらないと、効果が実感しにくくなる恐れがあります。

  • 1つ1つのアイテムをきちんと馴染ませること
  • それぞれのアイテムの使用量をきちんと守ること
  • すり込まないこと

ただ塗り重ねるだけだと、お肌にうまく馴染まないためにベタつく原因になりますし、使用量が多すぎればベタつき、少なすぎれば乾燥の原因になります。しかも馴染ませようとしてゴシゴシすり込むようなことをしてしまうと、摩擦によりお肌を傷めたり、たるみが起こる原因にもなるのです。

 

とにかく優しく丁寧に、1つ1つをきちんと馴染ませていくこと。これがなかなか難しく、「30代からの本格派アンチエイジング化粧品を活かすのは大変」と感じてしまう方もいらっしゃいます。

多忙な方は工夫を!

そんな面倒な30代からのアンチエイジング化粧品ですが、決して「多忙な女性には使えない」というわけではありません。選び方や使い方を工夫するだけで、多忙な方でも使いやすくすることは可能です。

  • できるだけステップの少ないものを選ぶ
  • 朝と夜とで使い分けてみる
  • お風呂の湯舟でコットンマスクをして時短

こういった工夫を取り入れれば、多忙な方でも使用しやすくなりますね。特に朝がバタバタするという方は、朝はオールインワンゲルなどを使用し、夜は本格派のアンチエイジング化粧品で丁寧なケアをするという方法もあります。

 

また、お風呂に浸かりながら化粧水ヒタヒタのコットンマスクをしておけば、お風呂上りに慌てて保湿する必要も無くなりますし、丁寧なパッティングをする時間を省ける分、時短でケアができます。

 

忙しい女性ほどお肌にもお悩みが出てきやすいので、工夫しながら良質なアンチエイジング化粧品を使っていきましょう。

関連ページ

価格が高めで手を出しにくい!
基礎化粧品と一口に言っても、その内容や価格には大きな差がありますよね。例えばドラッグストアなどで気軽に購入することができる基礎化粧品の中には、数百円というものもあります。ですが、30代からの本格派の基礎化粧品を見てみると、そういったタイプに比べると価格が高めで「手を出しにくい」と感じてしまう方が多いですよね。
アンチエイジング化粧品は上手に使わないとお肌を甘やかすかも
現代の30代女性というと、まだまだ「おばちゃん」という言葉を用いるのも抵抗を感じるくらい、若々しくて美しい方が多いですね。お肌もまだ元気、という方が大半でしょう。そんな元気なお肌の方が、濃厚なエイジングケア用の基礎化粧品を使ってしまうと、場合によってはお肌を甘やかしてしまうことになるので要注意です。